投稿

中小企業と移転価格税制

いわゆる中小企業(年間売上高20億程度)は移転価格税制による課税リスクはどの程度あるのか、どの程度対応準備しておく必要があるのでしょうか。 この問いに対しては、答える人によって回答はまちまちであり、説得力のある回答を得た

6カ月経営管理ビザ

6カ月経営管理ビザ 東京都が行っている外国人創業人材受入促進事業を利用して経営管理ビザを取得場合の手順を説明します。 本国で事業計画を作成する 東京都へ創業活動確認申請を行う 郵送不可。 持参できる人 申請人本人 公益財

海外勤務者の日本社会保険の負担

海外子会社負担の給与について 海外勤務者に係る日本社会保険料 海外子会社に転勤で勤務している従業員の給与については、海外子会社が負担をするのが通常であると思います。しかし、海外勤務者が日本の社会保険を継続するためには、派

コロナ禍での一時帰国者の税務

コロナ禍での一時帰国者の税務 海外の子会社に出向していましたが、コロナ禍の影響で日本に帰国をしている従業員が多くいると思います。なかなか海外に戻ることができずにいて、もうすぐ183日が経過しようとしている、というケースが

家賃支援給付金

事業者のための家賃支援給付金の申込受付が始まるようです。 対象者 中小企業(資本金10億円未満)、フリーランス 給付額 共益費と管理費は給付の対象となります。しかし、賃料について規定した契約書とは別の契約書に規定されてい

輸出業者?であれば課税事業者選択をしましょう

海外への輸出をしている事業者は、消費税の確定申告をすることによって、消費税が還付される可能性があります。 消費税が還付される仕組み 消費税の確定申告によって消費税が還付されるのは、課税事業者(*)のみです。免税事業者は、

経営管理ビザ更新 事業の継続性

経営管理ビザ 事業の継続性 経営管理ビザで日本に在留している外国人の方が、ビザを更新するとき、最も重要なのは経営する会社の決算状況と言われています。事業の安定性、継続性が確保されていると認められない場合には、経営管理ビザ

コロナ関連の補助金に所得税はかかるのか?

コロナ関連補助金に対して所得税、法人税はかかるのか? 特別定額給付金は日本に住所を持つ人全員に10万円が支給されるものですが、個人事業主であれば他にも1,000,000円(最大)の補助金があります。国から支給された補助金

外国人が必ず知っておきたい、高額医療費制度

日本に在留している外国人の方が、絶対に知っておいた方がいい日本の社会保障制度があります。それは、1か月の医療費は最大でも約10万円が限度、ということです。 もし、大きなけがや病気をして、病院窓口で10万円以上の支払いをし

2021年度の固定資産税・都市計画税の軽減措置

2021年度固定資産税の減免措置 内容 中小企業者等が保有する建物や設備の2021年度の固定資産税及び都市計画税が、事業収入の減少幅に応じて減免されます。 減免を受けるためには、一定の要件を満たしたうえで、市町村に対して

帰国後に支給された賞与 外国税額控除

皆さんこんにちは、山口税務会計事務所の山口です。 「個人の外国税額控除パーフェクトガイド」廣瀬壮一著は名著だと思います。長らく疑問であり寝かせていた疑問が完璧に解消されました。税務の中でもかなりマニアックであり、個人の外

香港からシンガポールへ、地域統括会社の移転

香港からシンガポールへ地域統括会社を移転する際の税務スキームをご紹介します。グループ間で株式を移転する方法として現物分配と現物出資を取り上げ、外国子会社益金不算入制度、株式分配との関係も確認します。

外国人が受ける経済的利益

皆さんこんにちは、山口国際税務会計事務所の山口です。 海外の会社に勤務する外国人の方が日本子会社に派遣されて日本にて勤務をしている場合、この外国人の方をエキスパッツと呼ぶことがあります。エキスパッツの方の給与体系は日本人

外国人が日本に入国した年度の確定申告等

外国人が日本に入国した年度の給与賞与への課税 こんにちは、山口国際税務会計事務所の山口善夫です。 前回は、海外に出向していた従業員が日本に帰国した年度の確定申告等の要否について見てみましたが、今回は日本に赴任してきた外国

従業員が帰国した年度、帰国日前後の課税関係

前回は、従業員が海外に出国をして非居住者になった年度の確定申告等について見ていきましたが、今回はその逆で、海外に出向している従業員が日本に帰国をした年度の確定申告等の要否について確認していきます。

従業員が海外へ出向した年度の年末調整・確定申告

従業員が1年以上の予定で海外へ出向した場合、又は日本に長年いた外国人が本国に帰国をする場合、出国した日の翌日から非居住者になります。この出国をした年度の年末調整、源泉徴収、確定申告について確認します。ポイントは、1つの年度の中で居住者の期間と非居住者の期間の2つのステイタスが存在することです。なお、説明の便宜上、当該従業員には給与所得のみがあり、不動産所得や株式の譲渡所得などはないものと仮定します。

非永住者 株式譲渡所得に対する課税

山口国際税務会計事務所の山口です。 日本で生活をしている外国人の方々が株式を譲渡して所得を得た場合には日本で課税されるのでしょうか? 外国人と言っても、日本税法上の位置づけは非居住者であったり、非永住者であったり、永住者

非永住者(日本にいる外国人の方)の課税される範囲

こんにちは、山口国際税務会計事務所の山口善夫です。 今回は、日本にいる外国人の方の多くの方が当てはまるであろう、「非永住者」の課税について確認していきます。日本人のような「永住者」と非永住者では、日本で課税される範囲は異

外資系企業の外国人役員に係る源泉徴収、確定申告の要否

こんにちは、山口国際税務会計事務所の山口善夫です。 前回から引き続き、海外(A国)の会社(A社)から外国人(A氏)が日本に派遣されて来た場合、源泉徴収されるのか/確定申告は必要かを見ていきます。今回はその第4回目です。

外資系企業の外国人に係る源泉徴収、確定申告の要否

前回までに引き続き、海外(A国)の会社(A社)から外国人(A氏)が日本に派遣されて来た場合、源泉徴収されるのか、確定申告は必要かを見ていきます。今回はその第3回目です。 第1回目は、外国法人A社に勤務する外国人A氏が日本

外資系企業のための会計事務所の選び方

会計事務所をお探しの外資系企業様、お読みください。 筆者は会計税務の業界にて15年以上の経験を有し、特に直近の5年間は外資系企業向けの会計税務サービスに従事してきたため、その基準についてはいろいろと思うところがあります。

日本支店の外国人に係る源泉徴収、確定申告の要否

前回は、海外にて勤務する外国人の方が日本に短期出張で勤務をした場合、これに係る給与については源泉徴収が必要か、確定申告は必要か、を確認しました。 前回確認した所得税の基本原則は、下記の二つでした。 非居住者に対して国内に

日本へ出張した外国人に係る源泉徴収、確定申告の要否

こんにちは、山口国際税務会計事務所の山口です。 海外の会社から外国人の方が日本に派遣されてきますが、そこにはいくつかのパターンがあるとおもいます。それぞれのパターンごとに外国人の方は確定申告が必要か否か、について見ていく