神奈川県、事業者へは独自の給付金あり

神奈川県は、4月25日から5月6日までの間に休業に協力した事業者に対して給付金(以下、第1弾休業給付金。10万円~30万円)の支給をしていますが、さらに、第2弾の休業協力給付金の給付をすることを決定しています(10万円)。第1弾休業給付金の時は、あくまで、神奈川県が休業要請を出している特定の業種のみが支給の対象でした。しかし、第2弾では、なんと、県からの休業要請対象の業種でなくても、自主的に休業をしていれば、給付金の支給対象となるようです。

この点は、同じ休業協力給付金を支給している東京都との大きな違いです。

東京都も、第2弾の休業協力給付金を支給することを決定しており、その申し込みは6月17日から始まります。しかし、この第2弾での支給対象者は、第1弾の時と同様に、あくまで東京都から休止又は営業時間短縮の要請を受けた事業者に限られており、要請対象となっていない事業者には支給されません。東京都の支給額は、第1弾も第2弾もそれぞれ50万円です。